古本屋のマラソン日誌

東大赤門前・大山堂書店スタッフ。2015年夏にランニングに目覚め、2016年10月サブ4、12月サブ3.5達成!次の目標はサブ3.15!夢はサブ3!

館山若潮マラソン レポ 後編

レポの後編。


20キロ過ぎ、ちょうどフラワーラインが終わる頃は、気分的にちょっと落ち込んでた(笑)。



ペーサー集団は前方の彼方に見えなくなっちゃったし…



これから上りだし…



なんか早くも疲れたし…



連勝もここでストップかも…



はぁ…



そんなネガティブな感情に支配された中間地点だった(笑)。



で、フラワーラインから内陸へ。ここからいよいよ上りが始まるのか…と気を引き締める。

といっても、25㎞くらいまでは地味な上りで、それほど辛いわけではない。



きつくなるのは25kmから30㎞すぎだったと思う。



その辺りで、前方に激沈上等Tの姿が目に入った。メテオデさんだ。言葉を交わしながらしばらく並走する。



そのおかげで、気力が回復!



鎧兜を被ったおばちゃんの声援を受け、さらに元気をもらう(笑)!



そこで、ついにやってきた急坂。



その直前にあるエイドでは何も取らなかった。はが路で懲りたから…(笑)。



坂は意外と長かったけど、何とか頑張る。



ただ、ここでの踏ん張りが後々になって、脚にきいてくる…。



というのは、後になって思ったことなんだけど。



再び海沿いに出て、ここから巻き返そうと思ってペースを上げる。



35km-39kmくらいまでは踏ん張れたけど、それでも4:50~5:00弱くらい。



この区間かなりキツかったのは事実で、思うようにペースは上がらなかった。



しかし、沿道からノブさん、かまかまさんはじめ、たくさんの方から



激沈、がんばれー!



という大きな声援をいただく!



これ、すごくうれしかった!



その声援のおかげで何とか走りきれたと思う。



あと、沿道で、ZARDの『負けないで』をゆるーく唄ってたおばさんの声援もほのぼのしててうれしかった(笑)!



このへんは、例のPB勘違いのおかげで、ギリギリいけるかどうか時計を見つつ必死に走ってた。



しかし、ラスト2㎞を残した時点で、もう脚は終わってた(笑)。



事実、ラスト2キロはキロ5オーバー。




あー、ダメかぁ…



そう思いながらのゴール!



でも、まぁ全力出し切ったし…悔しさみたいな感情は全くなかった。



そのときは、びあーさんが自分のちょっと前にゴールしてたというのも、ごいさんにどこかで抜かされたんだということも全く気付いてなかった…。



この後、蘇我に場所を移して、キミ兄さん主催のアフターに参加したんだけど、それについては改めてまた。