古本屋のマラソン日誌

東大赤門前・大山堂書店スタッフ。2015年夏にランニングに目覚め、2016年10月サブ4、12月サブ3.5達成!次の目標はサブ3.15!夢はサブ3!

変則ロング走

10月末のマラソンに向けて、MyAsicsのプランは、新たなフェーズ、走り込み期に入った。ちなみにその前はスピード養成期で、その距離とタイム設定はクリアできたと思う。

「走りこみ期」では 24回 のランニングで 262.5km を走ります。スピード養成期に培った実力を、より長い時間持続できるようにすると同時に、マラソンを走り切る脚も養っていく最も実践的な練習期間です。具体的には、速めのペース走の距離を伸ばしていきながら、ペースの維持を意識したロング走も行ないます。


早めのペースを維持しながら、距離を伸ばしていくということで、結構キツそうだ。


日曜の朝は、6時から変則ロング走(9km+13km)を行った。前半は速めのペース(5:01-4:45/km)で、後半は快適なペース(5:47-5:14/km)が設定されている。


朝6時は風もさわやかで、快適だったが、寝ぼけ気味でいまいちペースが上がりきらなかった(苦笑)。

f:id:furuhon-ya:20160808145704j:plain

9kmを終えて、15分の休憩。その間に着替え、シャワー、水分補給を済ませた。9㎞だけでも結構な滝汗になるので、夏場のロング走はこんな風に、一度休憩を挟む方が個人的には走りやすい。


新たな気分で、後半のスタート。

f:id:furuhon-ya:20160808145650j:plain

休憩を入れた直後はどうしても、ゆったりとなってしまうが、それ以降は快適に走れた。変則ロングは、呼吸循環系能力を高めると同時に、より短い距離でマラソン後半の疲労を体験することができる練習のようだが、来週も再度やってみたい。



ところで、先日、6月の柴又100Kのフィニッシャーズアイテムが届いた。自慢出来るタイムではないが、初参加だったので、記念に買ってしまった。安くはないのだが…^_^;