読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古本屋のマラソン日誌

東大赤門前・大山堂書店スタッフ。走る在野研究者。2015年夏にランニングに目覚め、2016年10月サブ4達成!

1km TT!

はてブロ界隈で流行のバンビチャレンジ。



自分は、これまで1㎞ダッシュしたことは一度もないし、どんなもんかイマイチ想像がつかなかった。



ただ、自分の走力からいって、それほど速い記録は望めないだろうとは思っていた。



40過ぎのオッサンなんで…(笑)。




ただ、面白そうなんで、トライしてみた!




いつも走ってる海岸沿いの直線がちょうど1㎞なので、



早朝6時前のうす暗いなか、



いざ挑戦!!




果たして4分カットできるのか?









おぉー!




まさかの4分カット!




富士通の選手はいなかったけど、




いても、多分、置いてかれてたかな…(笑)。




でも、いい刺激入れになった!




またやりたいし、定期的にチャレンジしてみたい!




次の目標は3分50秒カットだ!!

つくば後一週間

つくば後一週間の今日は、18キロをEペースで。夕方から雨の予報だったので、午前中に行った。

 f:id:furuhon-ya:20161127215019j:image

f:id:furuhon-ya:20161127215023j:image

大分、脚の状態は回復したが、まだまだといった感じ。15kmを過ぎたくらいでちょっとバテた。

 

 

自分がいつも走ってるのは幕張メッセマリンスタジアムから、稲毛海浜公園を結ぶコースと、その間にある花見川沿いのサイクリングロード。前にも触れたように、ここは富士通の陸上部の選手たちがよく走っていて、柏原選手を始めプロの走りを生で見れる。背筋が伸びたきれいなフォーム、足の蹴り上げや腕の振りなど、自分のようなジョギングに毛の生えたランナーには上級すぎてあまり参考にならないけど(笑)、思わず見入ってしまうほどだ。

 

特に平日朝活していると、選手の集団がウォーミングアップ(だと思う)で走ってるのによく遭遇する。その後を追うように、コーチが電動自転車で追いかけていく。彼らのウォーミングアップも自分にしたら、ダッシュ以上じゃないだろうか。

 

ダッシュといえば、今はてブロユーザー間で流行の1キロTT(通称バンビチャレンジ)、自分も是非今度チャレンジしてみたい。今までやったことないけど、4分切れるんだろうか・・・。

 

 

富士通の選手の後を追いかけてったら、4分切れるだろうな。

 

 

多分、無理(笑)。

 

来年の4月の話

来年の4月のレースはどうしようかなと思っていた。


以前は、戸田彩湖でリベンジというか、70㎞にチャレンジ!というのを強く思っていた。戸田彩湖といえば、今年4月、人生初のフルマラソンで、腸脛靭帯炎を発症しリタイアした苦い思い出のあるレースだから。


furuhonya-marathon.hatenablog.jp



ただ、懸案事項として、土曜日開催なので、仕事を休めないというのがあった。


マラソンに出場するんで、店閉めます(笑)



そう言っちゃっていいんだろうか…?(笑)




い、いや、ダメだろ(笑)。常識的に。



懸案のもう一つはあのコースだ。70㎞というのは、1周5㎞弱のコースを15周する。



1周の中に上り坂が2,3か所あったのを覚えている。



それを15周するというのが、なんだか苦行(笑)のように思えてしかたがなかったのだ。



エントリー料は安いし(70㎞で6,000円!)、エイドも充実しててとてもいい大会なんだけれど、今回は見送りの方向で…。



なぜ、戸田彩湖にこだわるかというと、6月の柴又100K(今回は100㎞!)に挑戦したいので、その前哨戦として70kmは1回走っときたいと思ったからだ。

furuhonya-marathon.hatenablog.jp



だけど、4月はかすみがうらにすることに決めた。


もうすぐエントリー開始。


www.kasumigaura-marathon.jp




その代わりに、5月に1人70㎞走(笑)をやろう。



きっと、土曜日に店閉めて1日中走ってて、




その最中に、お客さんから本の注文の電話とか問い合わせがあっても、



走りながら受けられないし…(笑)。



というのが結論です。はい。