古本屋のマラソン日誌

東大赤門前・大山堂書店店主。古本屋として働きながら、息抜きに走ってます!ランニングとプログレ他古いロックが好きです。

いよいよ、アクアライン!

アクアラインが目前に迫って来ました!

 

今週は疲労抜きに徹してましたが、木曜日に刺激入れとして、レースペースー10秒で5km走っておきました。

f:id:furuhon-ya:20181019183757j:image

 

どれくらいで走れるか、初めて走るコースで、ちょっとキツそうですし、読み切れないところはありますが、トータルでAve.キロ440くらいのペースで走れればいいかな、という感じです。

 

一応、先日の10kmガチって走ったタイムでダニエルズさんにお伺いを立ててみますとこうなりました。

 

f:id:furuhon-ya:20181019183655j:image

 

目標はこれくらいですが、走れるかどうかは微妙なところです…(^ ^)

 

自分の中では、つくばへのステップレースという位置づけですが、目標タイムに近づけるように全力でいってきます!

見覚えのある風景

アクアライン1週間前の今日は、10kmダッシュ

f:id:furuhon-ya:20181014161546j:image

f:id:furuhon-ya:20181014173659j:image

赤線内10km42分37秒は多分セカンドベスト。最後がちょっと残念でした。早く42分切りたい( ̄∇ ̄)

 

 

アクアラインまで、あとはゆっくり休んで体調を整えます。

 

 

さてさて、先日たまたまある動画を見てたら、なんか見覚えのある風景が目に留まりました…。 

 

 

今や飛ぶ鳥を落とす勢いの日本のプログレバンド・金属恵比須のPVなんですが(^^)

 

それがいつも私が走ってる稲毛海岸マイコースで撮影されているのに気づきました!

 


金属恵比須『罪つくりなひと』PV Kinzoku-Yebis / Sinful

 

 

映像はちょっとベタでクサいんですが(笑)。

 

 

金属恵比須といえば、お気に入りのこちらをどうぞ(笑)!


金属恵比須 Kinzoku-Yebis - 紅葉狩(第一部~五部) "Momiji-Gari (Part I ~ V)"

 

この演奏を聴いて、往年のプログレファンは歓喜したんです(笑)!!プログレだけに、長い曲ですが(^^;;

 

 

プログレファンのツボを押さえた演奏がたまらないっす。

なぜ走るのか

最近、個人的にうれしいことがあったので、書かせていただきます。

 

 

私の相方は、10年前に娘を出産した後に体調を壊し、ある病気を発症して、長く闘病生活を続けてきました。産休・育休からそのまま休職で、ずっと仕事には復帰出来てません。最初の頃は結構ひどく、ほぼ寝たきりの状態でした。ま、いろいろありましたが、それから何とか回復してきまして、来年あたりから仕事に復帰しようかと本人が思うまでになりました。

 

私がマラソンの大会に出始めたのは、今から2年前のことですが、その頃には、私が一日家を空けても大丈夫なくらいにはなってましたが、それからも徐々に回復してきて、つい最近になって、大分良くなったなと思うことが増えました。で、本人の仕事復帰への意志です。自分としては、病に負けず、頑張ってもらいたいと思ってましたので、凄く嬉しく思ってます。

 

 

仕事復帰に向けて、最近ウォーキングを始めたみたいで、休日は私も付き合ってます。この前の日曜も付き合いました。

 

f:id:furuhon-ya:20181008125915j:plain

 

発病してからここまで来るのにすごく長かったですが、ともかく、自分としては、マラソンと同じで、コツコツと積み上げていくしかないのかなーと思ってます。ようやく長い登り坂が終わって、これから先は下りだけだと思いたいです(^^)

 

 

もともと運動音痴で、運動するより本を読む方が好きで、本好きが高じて古本屋になってしまったような私ですが(笑)、こんな私でも、練習すれば、フルマラソン3時間15分以内で、いや、もうちょっとはやく(笑)走れるんだ!って、いいところを見せてやりたいと(ひそかに)企んでます。当人は全くそんなこと気にしてないかもしれませんが…(笑)。

 

 

家事・育児、仕事の息抜きで始めたランニング。正直、ここまで続くとは思ってもなかったです。相方といつか一緒にジョギングできるようになるまでは続けないといけませんね…(笑)。

 

 

 こちらを見て、そんなことをふと思いました。

Tarzan(ターザン) 2018年10月25日号 No.751 [君たちはなぜ走るか。]

Tarzan(ターザン) 2018年10月25日号 No.751 [君たちはなぜ走るか。]