読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古本屋のマラソン日誌

東大赤門前・大山堂書店スタッフ。2015年夏にランニングに目覚め、2016年10月サブ4、12月サブ3.5達成!次の目標はサブ3.15!夢はサブ3!

青梅マラソン レポ 後編

10~20㎞

11km~14㎞区間で、40mくらい上る。ま、でも青梅の前に館山を走ってたので、それほど気にはならなかった。

 

その辺は折り返してきたランナーとすれ違うスライド区間になっていて、自分より前を走るちみのすけさんから声を掛けられる!

 

ちらっと見ただけだったけど、すごく躍動的なフォーム!伸び盛りの速いランナーは違うなぁと思った。

 

その後、自分も折り返して

 

 

さぁ、これから下りだ!

 

 

そう調子に乗って飛ばし気味になる。スライド区間で、はてブロランナーさんを探してたけど気づけず…。 逆に、自分の方が「激沈上等!」って何回か声をかけられる。声をかけられても、うまいことリアクションができない自分が情けない…(笑)。

 

f:id:furuhon-ya:20170221183210j:image 

 

20~30km

その後、22㎞付近での上り。ここへ来て、ちょっと辛く感じたのは覚えている。

 

この辺にくると、

 

 

早く下り来いっ(笑)!

 

 

そんな身勝手な思いに頭を支配されていた(笑)。

 

 

他力本願な自分。

 

 

そして、待望の下りが来ると、安心してペースを維持するというサイクル(笑)。

 

 

しかし、青梅市街地に戻ってくると、アップダウンは終わり、さすがにキロ4'30をオーバーしてしまう…。素の自分に戻されてしまったようだ(笑)。

 

 

でも、市街地に来ると応援の人も増えてくる。そして、なんと再びびあーさんから声援が!往きで見送ってもらって帰ると聞いてたので、びっくり!

 

 

この辺にくると、さすがに目標タイムを切れるかどうかギリギリだということは分かっていた。自然と手元のガーミンに何度も目が行ってしまう。

 

 

切羽詰まった感、ハンパない(笑)

 

 

最後のコーナーを回って、ようやく見えてきた

 

 

 

ターサージール

 

 

じゃなくて、

 

 

 

フィニッシュゲート(笑)。

 

 

 

ハラハラしながら、何とかゴール!!

 

 

ガーミン、思わず、二度見した(笑)。

 

 

あぶねー(笑)。

 

 

考えてみれば、 30㎞レースは初めて。これまで30㎞はフル前の練習で2時間半くらいでしか走ったことがなかったので、一応PBということになる。

 

f:id:furuhon-ya:20170221190722j:image

 

総括

青梅で、2時間20分で走れたということは、来月の佐倉でもキロ4'45くらいのペースで行けるかな…という感触は得たかな。佐倉の目標は3時間20分にするか…。

 

一応、10kmごとのタイムを記すと

 

    ~10㎞  :  47:57 

11~20km :  46:10

21~30㎞  :  45:58

30㎞~  : 0:35

 

最後の10㎞で今一つ上げきれなかったのが、悔やまれる。

 

 

今回初めて青梅を走ったけど、やっぱり後半下り基調なんで、前半から割りと突っ込み気味にいけて、後半の下りでそれを維持しやすいように思えた。アップダウンはあるけど、下りで勢いつけて、そのまま行っちゃえみたいな、そんな感じ。そういう意味では意外と走りやすいかも。

 

 

最後に、ご一緒した皆さん、途中声掛けてくれた皆さん、そして、青梅マラソンスタッフの皆様、改めて、ありがとうございました。

 

f:id:furuhon-ya:20170222085738j:image