古本屋のマラソン日誌

東大赤門前・大山堂書店スタッフとして働きながら、通信制大学院博士課程に所属。目標はフルマラソン・サブ3.15!そして、博士号取得!二刀流で頑張ります!!

次は100km挑戦!?

柴又100K・60キロを完走して4日経ち、疲労感、足の痛みもなくなってきた。


60キロを完走した直後は、100キロなんて絶対に無理だと思っていた。60キロ走ってさらにフルマラソンに近い距離を走ると考えただけでも、頭がクラクラしてきた。もうちょっと練習を積んでからの方がいい、と。


思いかえせば、レース後半、復路を走っていると、100キロの部の何人ものランナーに抜かされた。100kmも走るのにそのペースはどういうことなんだ?と羨望のまなざしで眺めつつ、どうやったらそうなるのかとぼんやりと考えながら走っていたのを思い出す。自分より早くゴールするということは、サブ10を達成するようなトップランナーたちだ。


しかし、その後、完全休養を経て、疲れも抜けていくにつれて、何だか、自分も100キロいけるんじゃないか?という根拠のない自信が、沸々と心の中に生まれてきた(笑)。



そして、早速こちらを注文しちゃっている自分に驚いている(笑)。



f:id:furuhon-ya:20160609174634p:plain



何なんだ?この変わり様は(笑)。


60キロの場合は計画無しで走れたが、さすがに100キロになると、トレーニング方法、装備や補給法を知ることはもちろん、何らかのアクシデントも当然起こりうるだろうから、それへの備えも必要だろう。いろいろな準備が必要なんだろうし、それなくしては完走は難しいんだとも思う。



来年の柴又は果たしてどちらに出ているだろうか?



まずは秋以降のレースでタイムを出して、自分の脚力に自信をつけてから決めたい。