古本屋のマラソン日誌

東大赤門前・大山堂書店店主。古本屋として働きながら、息抜きに走ってます!ランニングとプログレ他古いロックが好きです。

つくば レポ 後篇

ハーフ通過後、30km手前までは、想定ペースで行けました。

 

ここ最近の傾向として、ハーフを過ぎると、一時的にかなり辛くなる感じがよくありましたが、今回は大丈夫でした。

f:id:furuhon-ya:20181127195930j:image

 

それでも、やはり30km手前あたりから少しずつ失速してきますね。

 

30㎞通過タイムは2時間15分27秒。30㎞のPBを更新!このままいけば、何とか間に合うかなという手ごたえは感じました。

 

一番辛かったのは36キロ付近の陸橋の上りとラスト3キロ。

 

f:id:furuhon-ya:20181127200106j:image

 

でも、ここで思い出したのがアクアラインでの辛さ。あれを思えば、全然辛くないよねーと自分に言い聞かせる(笑)。実際、アクアラインの時よりはダメージはなかったですが、だからといってここからペースアップできるかは別問題(^^;

 

体感的にペースアップしてるつもりでも現状維持がやっとか、むしろ落ちている…(笑)。

 

最後、大学構内に入ってからゴールまでが長ーく感じるというのは去年、一昨年で既に予習済み(笑)。折り返してからが長いんだ(´Д` )

 

このあたりは、只々ひたすら耐えて、何とかゴールのある競技場に。ゴール地点の時計は12時14分台を示してて、何とかグロスでサブ3.15達成したのを確認してゴール!

 

f:id:furuhon-ya:20181128193406j:image

 

次回に簡単な総括的なのと、今後の豊富を書いて終わりたいと思います。