古本屋のマラソン日誌

東大赤門前・大山堂書店店主。古本屋として働きながら、息抜きに走ってます!ランニングとプログレ他古いロックが好きです。

柴又収容レポ1

DNFだったので、体調の方をいろいろご心配いただいて、すいませんでした。結構元気です!足の方も、酷い感じではないんで、すぐに回復すると思います。

 

 

さて、その収容レポいきます。

 

 

自分としては、無理のない範囲で、淡々と40kmくらいまでは走っていった感じがします。暑かったので、若干ペースは落ち気味でしたが。

f:id:furuhon-ya:20180604154311j:plain 

 

異変があったのは、45,6kmあたりからでしょうか。右の股関節から膝にかけて痛みが出始めます。1ヶ月前に50km走ったときもこうなって、その時は、そこで走るのをやめたんですが、やっぱり来たか・・・という感じでした。

 

最近、どうも、フル以上の距離を走ると、こういう痛みが出てくる感じがして、やっぱり、ある意味、身体が悲鳴を上げてるのかもしれませんね(笑)。自分にはウルトラを走れる足がないんだろうか(笑)って考えちゃいました。

 

 

少し我慢の走りになります。ともかく、早く五霞町の大エイドで休憩しようと思いましたが、それがなかなか見えてきません。見えてくる直前で心が折れて少し歩きました。なんていうか、着地の際に右足が踏ん張れない感じというのでしょうか。カクって地面に落ちる感じがして、転びそうになります。

 

 

ともかく、大エイドに着きました。49キロ地点です。

 

 

今回唯一良かったのは、前日から胃腸薬を服用したせいか、胃腸のダメージがなかったことでしょうか。この大エイドで、うどんを2杯(天かす大盛り!)、スイカ5切れ(食べすぎw)、人参ジュースに、きゅうり、トマト、全て平らげました(笑)。地元の中学生が大きな声でアピールしてるので、たくさん食べちゃいました。ここに30分ほど居たと思います。正直もっと居たかったんですが(笑)。

 

 

ここで、チラッと見えたリタイア収容バスの案内看板。うわっ。

 

 

心が折れかけていた自分は、一瞬そっちへ足が向いそうになりましたが、かろうじて踏みとどまりました(笑)。まだ諦めるわけにはいかない・・・。

 

 

ここでドロップバックを受け取って、着替えたんですが、

 

 

 

その背中には

 

 

 f:id:furuhon-ya:20180602183847j:plain

 

 

分不相応にも、後半のウェアにはこんなメッセージを付けてしまっていたからです(笑)*1

 

 

*1:去年の市川パパさんの真似ですw