古本屋のマラソン日誌

東大赤門前・大山堂書店店主。古本屋として働きながら、息抜きに走ってます!ランニングとプログレ他古いロックが好きです。

東京マラソン レポ2

インフルエンザから復活しましたが、ちょっと長引いて、まだまだ調子が今ひとつなfuruhon-yaです。ようやくゆるくジョグを始めました。時折、ゴホゴホ咳こみながら、朝練再開!今月の月間走行距離はまだ15kmだ(^^;;

 

ちなみに昨夜は、市川パパさん主催のウルトラ完走の極意を聞く会に参加してきました!良質なタンパク質とアルコールを摂取してきました!この一週間で、弱った身体に刺激入れをしておきました!!

 

f:id:furuhon-ya:20180310084700j:image

 

 

さぁ、もう忘れかかっておりますが、一気に東京マラソンのレポの続きをやっておきましょう。スタートからゴールまでサクッとまとめときます。

 

 

スタート〜10km

いよいよスタート。ロスは1分くらい。スタートしてすぐにトイレに入ろうと思い、2、3番目のトイレにピットイン。そこで待っていたのは仁義なき戦いだった(笑)。

 

 

沿道の小道の両側にそれぞれ5、6基あったんですが、とりあえずどこも満杯のようなんだけど、それを待つ側は順番待ちではなく早いもの勝ちで、たとえ後から来た人でもたまたま目の前が空けば入ってしまう感じ。周りをキョロキョロ見渡して、空いた!って入ろうとしても、後から来た人に次々に入られてしまう。みんな必死だ…(笑)。

 

なんか殺伐としているなぁ(^^;;

 

 

多分1、2分のロスだったと思いますが、やはり焦りますよね(^^;;

 

そのロスを挽回しようという気持ちが出てしまい、下り坂もあって最初の10kmは平均4'25くらいのペースで入ってしまう。これじゃ、後半保たないっすよね(笑)。分っていながら、何となくそうなってしまいました・・・。そこがまずは反省点かな、と。

 

10km~20km

ハーフまでは応援の力もあって、今日は行ける!っていう気持ちがあって、このまま最後までは行けないだろうけど、何とか粘っていければって思ってました。ただこういう根拠のない希望的予測を当てにすると往々にして失敗するのはこれまでの人生経験から明らかなんですが…(笑)。

 

 

f:id:furuhon-ya:20180310103808j:plain

 

20㎞~30㎞

ハーフを過ぎて、25km〜30kmあたりからペースが4'35~4'40くらいにジリジリと落ちてくる。この時点でも、落ちてきてはいるけど、このままのペースを維持できればいいやっていう楽観的な気持ちでした。

 

 

このあたりだったと思いますが、お名前は分からないんですが、いつも声かけてくれる方から、その後の展開を予感させる掛け声をいただく!

 

ホントに撃沈すんなよー! (笑)

 

 

激沈上等…!にしては、イマイチな走りなんじゃな〜い?(笑)

 

 

こっちはもう苦笑いするしかなかったんですが( ̄∀ ̄)

 

 

30km~ゴール

芝・増上寺、東京タワーあたりを過ぎてからが辛かったですね。このあたりのスライド区間ですれ違う先方組はどなたも一様に表情が苦しそう…。最後の最後ですからね。自分も最後はあぁなるんだよなって、覚悟を決める!

 

 

この画を見るとまだそんなに苦しそうではないんですが…。

f:id:furuhon-ya:20180310104032j:plain

一番辛かったのは品川の折り返しポイント付近から。道幅も広く、少し風も出てきた感じもあって、4'50~5'00あたりまで落ちる。

 

 

ダメだぁ〜、足がもう上がらない( ̄∀ ̄)

 

 

最後はもうキロ5オーバー(笑)。

 

 

何とか堪えて、最後の石畳の直線。細い道の両側から沢山の声援を受ける!

 

 

こんなラストが待ってるとはっ!

 

 

感動のラストで、M高史さんを抜き去る(笑)!

 

 

f:id:furuhon-ya:20180310104013j:plain

 

 

f:id:furuhon-ya:20180225184104j:plain

 

今回は最後の落ち込みがちょっとひどかったのと、やっぱり、前半ですね(^^;;

 

もうちょっと抑えていかなきゃ…というのが全てでした。

 

 

この悔しさは佐倉にぶつけようと思ってます!佐倉は東京マラソンに比べちゃうとかなり寂しいんですが(笑)、地元だし、千葉県民の義務だし(笑)、何とかPB更新して今シーズンの有終の美を飾りたい!かすみがうらは、あまり当てにしてません(笑)。