古本屋のマラソン日誌

東大赤門前・大山堂書店スタッフ。2015年夏にランニングに目覚め、2016年10月サブ4、12月サブ3.5達成!次の目標はサブ3.15!夢はサブ3!

かすマラ 大激沈レポ 後編

ハーフを過ぎて、目標をサブ4にしたのはいいけど


サブ4ペースを維持できない(笑)。



1㎞しかもたなかった…(笑)。


正確な位置は忘れたけど、こうしてペースダウンして多くのランナーに抜かされる中



しろくまさんに声をかけられる。



颯爽と通り過ぎていくその後ろ姿に、エールを送る。




28㎞までは何とか走ったけど



そこでジ・エンド(笑)




もういい。今日はファンランでいこう!



開き直るしかなかった(笑)。



ここから15キロを歩きとジョグの繰り返し。



その間に、すごい勢いで、次々に抜かされていく。



激沈Tを着た方にも4,5人は抜かされたと思うけど



そのうち2,3人の方から、声をかけられる。



いいなぁ、この連帯感(笑)



その無言の背中からも励まされた。




本当に激沈してんじゃねーぞって(笑)。




沿道からの声援にもすごく励まされて、




それを励みに歩いてました。




40㎞くらいから、応援の人数も増え、歩いてるわけにはいかないなと懸命に走る。



キロ6、7以上だけど…(笑)




最後のところの声援は、すごく感動した。




なにはともあれ、無事にゴールできて



記録証をもらって、驚いた。



あれだけ歩いて、あれだけのランナーに抜かされたのに、13,962人中、4,667位。



半分より前なのか!



後半は、ウルトラを走ったときのようなのんびりした雰囲気で声援を楽しめた気がする。




苦しかったけど…。




でもなぁ



シーズン最後のレースで



これまでやってきたことがすべてひっくり返っちゃったよなぁ(笑)




失意のうちにシーズン終了。




ともかく、次のシーズンに向けて、また一から出直します。



最後に、応援していただいた皆さん、本当にありがとうございました。応援がなければ、間違いなく途中で何処かへ逃げ去っていたと思います(笑)。