読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古本屋のマラソン日誌

東大赤門前・大山堂書店スタッフ。2015年夏にランニングに目覚め、2016年10月サブ4、12月サブ3.5達成!次の目標はサブ3.15!夢はサブ3!

大井冬マラソン・チームはてブロ駅伝参戦レポ 前編

当日は、品川から京急に乗り換え立会川駅で下車し、そこから会場である大井陸上競技場まで歩き。というか、集合時間ギリギリだったので、ジョグって向かう。



競技場に入ると、すぐに館山でお会いしたびあーさんが見えた。そこにえいさん、ツユダクさんもいらしてたので、ご挨拶!みなさん、若い!


えいさんといえば、初フルでいきなり余裕のサブ3.5をたたき出してるし、走力的にチームはてブロのエース。ツユダクさんはフルこそまだ走られてないけど、昨秋ころからのタイムの伸びが著しく、まさに今、乗りに乗っているランナー。ツユダクさんも初フル、サブ3.5を出す可能性大だ。びあーさんはサブ3.15は達成できる実力だし、えいさんに勝るとも劣らぬレベル。こんな豪華な顔ぶれとご一緒できるのはすごいことだ!

すぐに着替えと受付を済ませて、ツユダクさんと話しながら、トラックを回りながらアップする。その後、ジャンケンで走順を決めて、1.えいさん、2.ツユダクさん、3.自分、4.びあーさんの順で走ることに決定。走順が決まったところで、いよいよゼッケンを装着!


今回のコースは、陸上競技場のトラックを約1周してから、大井埠頭中央海浜公園の周りを1周する3.5㎞のコース。フルはそれを12周する。


エントリーした当初は、記録云々より、皆さんと一緒にワイワイ走ろう!っていう感じだったように思うが、そこは皆さん、ガチのランナーだ。いざレースとなると、皆さんのテンションがやはり上がる。いつのまにか4人でサブ3を目標に、というのが既成路線になってる(笑)。



自分だけファン・ランでいきまーす!と言える状況ではなかった(笑)。



予想外の展開に慌てる…(笑)



というわけで、チームはてブロは、1人、3.5㎞×3のインターバル形式で走ることに決定。3.5㎞T.T.3本だ!ま、一気に1人3周しちゃうと、待ってる方が間延びしちゃうので、やっぱりこれがベストな選択だ。



トップはえいさん。スタート位置は結構後ろの方。えいさんの走力なら、最前列でもいいじゃないかなぁ?と自分以外のお二人も思ったはずだ(笑)。



でも、1周終えて戻ってきたえいさんは、順位をかなり上げていた!多分ごぼう抜きに近かったんじゃ…。


13分46秒!


キロ4以上だ!は、速い!


これを見て、自分はかなりプレッシャーを受けた(笑)。


2番目のツユダクさんも14分05秒。ほぼキロ4ペース!



うわっ、もう、こうなったら、



清水の舞台から飛び降りる覚悟で(笑)



いざスタート!



はじめはトラックを約1周するんだけど、すごく走りやすい。でも、それほどスピードが出てる気がしないから不思議だ。



最初の1キロはなんと、



3分51秒!



まずいっ



これ、激沈するかも(笑)!



以前、バンビチャレンジ(1㎞T.T.)したとき、たしか3分56秒だったと思う。



よりによって、1っ発目にこんなんで走っちゃっていいわけない(笑)。


その後、見事なビルドダウンをかましてしまう(笑)。



ともかく、1周目はサブ3の最低ライン(4'15)を見ることなく走れたので、一安心。



しかし、あと2周あるんだ(^_^;)



(続く)