古本屋のマラソン日誌

東大赤門前・大山堂書店スタッフとして働きながら、通信制大学院博士課程に所属。目標はフルマラソン・サブ3.15!そして、博士号取得!二刀流で頑張ります!!

はが路のペースを考えてみた

はが路での目標は、サブ3.5にしたい!


f:id:furuhon-ya:20161203110155g:plain


このコースから、下のようなペースを考案した。


もちろん、実際にこの通りにはいかないと思うけれど、これが防衛ラインということだ。

距離 ペース 区間タイム 累積タイム
1-5km 5:00 25:00 25:00
5-10km 5:00 25:00 50:00
11-15km 5:00 25:00 1:15:00
16-20km 5:10 25:50 1:40:50
21-25km 5:00 25:00 2:05:50
26-30km 4:50 24:10 2:30:00
31-35km 4:50 24:10 2:54:10
36-40km 4:55 24:35 3:18:45
41-Goal 4:55 10:00 3:28:45


参加人数2,500人程なので、スタートはスムーズに行けそうな感じ。


ポイントは前にも触れたように15-25㎞の中間部。


15-20㎞の区間は5㎞で50m上るんで、それほどきつくもないかなと楽観的に考え、5:10見とけばいいかな、と。


それより速くいけるならば、全然問題ないし、思ったよりキツかったら、後半頑張ればいいか…(笑)。


そのあとのアップダウンは上りと下りでチャラにできそうな感じだ。


やはり前半は若干抑えめに、慎重にいって、キロ5を保てれば…良しとしたい。



サブ3.5のペーサーもいるそうなんで、その集団で様子をみるのもいいけれど、22、3㎞地点を過ぎてからはペースアップして、ガンガンいこうと思う!



当日は晴れの予報で気温は若干低めなので、天候としては悪くなさそうだ。



そういえば、先日こちらの本を買った。



この本でも後半型の走り方が推奨されているが、それを踏まえた上で、サブ4とサブ3向けの練習メニューが挙げられている。サブ3.5くらいのランナーはサブ3向けのメニューをどんどん取り入れていくことで、スピード強化を図れるじゃないかと思った。ちょっとキツそうだけど(笑)。


なので、自分も来年はこの本を参考にしつつ、練習メニューを組んでいこうと思っている。


5kmTT・2本とか、早朝からやったら気絶しそうだし(笑)


平日に1時間以上走るメニューもあって、その場合は朝4時半くらいから走らないとダメだよな…(苦笑)。


ま、それくらいやらないと速くならないということだ。



それはともかく、



その前に、年内に是非ともサブ3.5を達成して、気持ちよく新年を迎えたい!