古本屋のマラソン日誌

東大赤門前・大山堂書店スタッフ。2015年夏にランニングに目覚め、2016年10月サブ4、12月サブ3.5達成!次の目標はサブ3.15!夢はサブ3!

ある朝の風景

朝5時前。


目覚ましが鳴る。



無意識に目覚ましを止めて、二度寝してる。



5時過ぎに二回目の目覚まし。



さ、寒い…。




ここんとこ仕事も忙しいし…今日はやめとこうかな…




布団の誘惑にかられつつ、ウダウダ(笑)。




意を決して、のそのそ起きる。




とりあえず、着替えてアミノバイタル




あくびをしながら、外へ出る。



北風に震えながら、ボチボチ走り出す。



いつものコース。



今日はつなぎJOGのつもりだけど、走り出しても、なかなか気分が上がらない。



予定では10㎞だけど、今日は6㎞に切り上げとこうか…。



ここでもマイナス思考(笑)。




しかし、まだ暗い中いつも会う散歩してる人達と挨拶をかわし、いつもいる公園の猫たちと目を合わせると、なんとなく元気が出てくるから不思議だ(笑)。



そして身体も温まった、3、4㎞過ぎからようやく調子が出てくる。



そんな中、向こうからライトが妙に明るい自転車が見えてくる。



富士通のランナー集団だ。




軽快な足音も徐々にはっきり聞こえてくる。




ニューイヤー駅伝も近いし、心なしか以前と雰囲気が違う気がする・・・。




彼らの走りを見て、こっちのテンションも上がって、ようやくキロ5を切るくらいになる。




以上の結果がこちら。走ってるときの気分がそのままタイムに表われている…(笑)。






そして、走り終える頃には空も明るくなって、気分もよくなってる。




この時点になって、走ってよかった、ようやくそう感じられるようになる(笑)。



これからは飲む機会も増えるんで、朝の布団の誘惑に負けてしまうことも多くなりそうのが心配だが、毎回会う人や猫からもパワーもらってる気がするんで、頑張って続けたい(笑)。