古本屋のマラソン日誌

東大赤門前・大山堂書店スタッフ。2015年夏にランニングに目覚め、2016年10月サブ4、12月サブ3.5達成!次の目標はサブ3.15!夢はサブ3!

今更ながらのダニエルズ

最近この本を買ってみた。


ダニエルズのランニング・フォーミュラ 第3版

ダニエルズのランニング・フォーミュラ 第3版


ジャック・ダニエルズという方は、ランニング界隈ではかなり有名な人らしい。


いろいろな方のブログを見てても、Tペースやら、閾値走などという用語が目に付き、


はじめの頃は???という感じで、遠目に見ているだけだった(笑)。


ネットで検索してみると、いろいろ出てくるので、何となく分かったような分からないような…という感じだったが、気になってはいたので、とうとう買ってしまったというわけである。


いざ本を開いて、頁を繰ってみると、とてもじゃないが、簡単には読み通せないほどの精密で難しい理論のように見える…。



自分の場合、ハーフだと、今まで出場したレースでは4:30~4:40/kmくらいのペースで走れているが、それだと、その理論ではフルを3時間半くらいで走れることになってしまう。



ハーフ以下ならこれでもいけそうだが、フルマラソンになると、今の自分には無理だ…。


要は、自分に足りないのはその持久力だ、ということになる。


ハーフのタイムから出されたマラソン・ペースで如何に長い距離を走れるようになるか。


どういう練習をすれば、それを達成できるのか?というのが以前から気になっていた。



その手がかりがこの本の中にある。



早速、参考にしたいところだが、読み通すには時間がかかりそうだ…(苦笑)。



ネット上で分かりやすく解説しているのもあるので、それらを参考にしつつ、辛抱強く読み通してみたい!