古本屋のマラソン日誌

東大赤門前・大山堂書店スタッフ。2015年夏にランニングに目覚め、2016年10月サブ4、12月サブ3.5達成!次の目標はサブ3.15!夢はサブ3!

柴又100Kエントリー

何を血迷ったか(笑)、ウルトラマラソンにエントリーしてしまいました。

tokyo100k.jp

 

100キロの方じゃないです。60キロの部。

 

いきなり、100キロは無理だよなぁ・・・でも60キロなら走れるだろ、という安易なノリです(笑)。柴又から江戸川沿いを埼玉の春日部まで行って帰ってくるコース。

 

4月、5月とフルを走って、6月に60キロで、これで夏前は終わり(の予定)。当初は6月はハーフにしようと思っていたのですが、去年の8月末に走り初めて10か月、その集大成になればいいかなという思いが強くなる。

 

きっかけは、LSD。2月になってから、毎日曜に25キロ以上をゆっくり走るようにしてますが、ゆっくり走ってるとやっぱり走るっていいよなと思うようになり、どうせフル走るんだし、フル走るなら、60キロもいいかと思うようになりました。たぶん、当日、それもレース後半に後悔することになるんでしょうけど…(笑)。

 

ま、60キロ走れれば、体力にも自信つくし、フルに対する不安とかもなくなるんじゃないか、それに小学生の娘にお父さんの雄姿⁉︎を見せることもできるかな~という邪まな思いもあったり…(笑)。

 

ゆくゆくは100キロに挑戦できればいいですね。100キロ走れたら、凄いよなぁ。

 

最近は、ウルトラマラソンについて書かれてるブログ等がいろいろあって、そういうのを読ませてもらってるうちに、その気になってしまったというのも大きいですねぇ。

特にこちらの完走記は、すごく面白かった。

shin-kuroiwa.hateblo.jp

 

あと、ちょっと古いものですが、こちらもお薦め!

 

ウルトラマラソン―完走の幸せ リタイアの至福

ウルトラマラソン―完走の幸せ リタイアの至福

 

 ウルトラマラソンに挑戦して

完走した人は幸せである。

完走できなかった人はもっと幸せである。

失恋の味を知っている人が

真の恋の喜びを知るように

いつか完走したときに

至福に包まれるはずだから。