古本屋のマラソン日誌

東大赤門前・大山堂書店スタッフ。2015年夏にランニングに目覚め、2016年10月サブ4、12月サブ3.5達成!次の目標はサブ3.15!夢はサブ3!

ウルトラ・モードに突入

かすみがうらが終わって、個人的には、これからは6月の柴又に向けて、ウルトラ・モードに入る。



自分としては、GWの連休中に1回、60㎞くらいは走っておきたい。



今のところは花見川~印旛沼一周のお一人様企画だけど、一人で6時間超、まるで、なんかのバツゲームみたいだ(笑)。



今日は、新しいこちらを履いてEペース15キロ。履いてみて、やっぱり、いい!試しに履いたときの直感を信じて良かった。自分には合ってると思う。




試しに履いた時に感じた前へ前へ、という感じはそんなに感じられなかったけど、基本的に前傾気味に、地面を蹴り上げるというよりも、このシューズに身を任せるように、足を前に回転させていく走り方になる。そうすれば、ダメージを感じさせずに足を動かしてくれる、そんな感じだ。


今日はキロ6から450くらいまでで走ってみたけど、450くらいでも充分にいけた。多分、もう少し速くても(440くらいまで?)大丈夫だと思う。それより速いのはちょっときついかな。だから、意外とスピードも出るんで、フルをサブ4から3.5くらいを狙うのにも使えるんじゃないかな…。



ソールの耐久性はそんなになさそうだけど、とりあえず、これからしっかり走って柴又に臨みたい。

かすマラ 大激沈レポ 後編

ハーフを過ぎて、目標をサブ4にしたのはいいけど


サブ4ペースを維持できない(笑)。



1㎞しかもたなかった…(笑)。


正確な位置は忘れたけど、こうしてペースダウンして多くのランナーに抜かされる中



しろくまさんに声をかけられる。



颯爽と通り過ぎていくその後ろ姿に、エールを送る。




28㎞までは何とか走ったけど



そこでジ・エンド(笑)




もういい。今日はファンランでいこう!



開き直るしかなかった(笑)。



ここから15キロを歩きとジョグの繰り返し。



その間に、すごい勢いで、次々に抜かされていく。



激沈Tを着た方にも4,5人は抜かされたと思うけど



そのうち2,3人の方から、声をかけられる。



いいなぁ、この連帯感(笑)



その無言の背中からも励まされた。




本当に激沈してんじゃねーぞって(笑)。




沿道からの声援にもすごく励まされて、




それを励みに歩いてました。




40㎞くらいから、応援の人数も増え、歩いてるわけにはいかないなと懸命に走る。



キロ6、7以上だけど…(笑)




最後のところの声援は、すごく感動した。




なにはともあれ、無事にゴールできて



記録証をもらって、驚いた。



あれだけ歩いて、あれだけのランナーに抜かされたのに、13,962人中、4,667位。



半分より前なのか!



後半は、ウルトラを走ったときのようなのんびりした雰囲気で声援を楽しめた気がする。




苦しかったけど…。




でもなぁ



シーズン最後のレースで



これまでやってきたことがすべてひっくり返っちゃったよなぁ(笑)




失意のうちにシーズン終了。




ともかく、次のシーズンに向けて、また一から出直します。



最後に、応援していただいた皆さん、本当にありがとうございました。応援がなければ、間違いなく途中で何処かへ逃げ去っていたと思います(笑)。


かすマラ 大激沈レポ 前編

日曜は、帰宅して、風呂入って、また発熱。またまた娘に説教されて(笑)、夜9時前には寝てました。


なんか、最近、自分の身体、貧弱になってる…(笑)。



あれから2日経ったけど



かすみがうらショックから



立ち直れてない(笑)。



昨日の月曜日はとりあえず仕事に行って業務をこなしはしたが、食欲はあんまり。今日は鼻水止まらない…。



それでは、大激沈レポいきます。



当日の朝は、8時過ぎには会場入り。駅からは近く、アクセスは便利。


スタート前は、MacRunさん、しろくまさん、ごいさん、ICHIZOさんとお会いできて、集合写真。




スタート後は、すこし渋滞が続き、ちょっとアップダウンがある。先週1週間あまり走れなかったので、妙に足が軽いことにびっくりする。


先日はガーミンの乱調があったので、もしや今日も?って思ったくらい(笑)。自分では、ゆっくり目に走ってるにもかかわらず、キロ437とか出て



この時は



これって、今日はイケるんじゃないの?



そう思ってた。



バカだよなぁ~(笑)。




このときは、もうちょっと抑えろ、抑えろって思ってた。



ところが、15キロの上り坂を上った後




それはやってきた。



まずは



腹痛




直前にちょっと食べ過ぎたのかなぁ・・・と思いつつ、ペースがジリジリと落ちる。




腹痛がおさまっても、結構マジに走っててももうキロ450を維持できず。自然にキロ5オーバー。




あれ?どうした?っていう感じだった。




息が上がる。




そして、20㎞手前くらいから気持ちが悪くなってくる。




直接の引き金は某スポドリを飲んでからなんだけど、




それ以降そのスポドリも、水も、固形物も取れなくなった。



でも、そのスポドリ、もう嫌っていうほど、毎回のエイドで出てくるし(当然なんだけど(^^;)、ゴール後にはダメ出しのように、完走おめでとうってもらうことになる。いや、もう勘弁してって感じだった(笑)。



そのスポドリには何の落ち度もないし、健全な状態で飲めばもちろん美味しいんだけど




もう当分飲めないよ…ごめん(笑)




飲んだら、かすみがうら思い出しちゃうなぁ。




ポーチに入れたジェルも取れず。



とりあえず、水は口に含んで、湿らすくらい。




ハーフ通過タイムは1:47:37




この段階で目標をサブ4に修正する(笑)。




この時点では、まだ、どこか楽観的だったけど




この後、何回目標修正をしたことか(笑)。




そして、後半は自分のマラソン史上最長距離を歩く苦行が待っていた。



自分の感覚では、それほど、ひどいコンディションには思えなかった。




確かに暑かったのは事実。でも、潰れちゃうほどの気温でもないだろっ・・・そう思ってた。




今でもそう思ってる。




でも、なぜだか知らないけど、足が上がらなかった・・・



(後半へ続く)