古本屋のマラソン日誌

東大赤門前・大山堂書店スタッフ。2015年夏にランニングに目覚め、2016年10月サブ4、12月サブ3.5達成!次の目標はサブ3.15!夢はサブ3!

東京ハーフマラソンと家族サービスの一日

今日は東京マラソンはじめ、各地でレースがあり、参加されたみなさん、お疲れさまでした。午後から速報があがり始め、みなさんのレース結果に思わず、出先でスマホを見ながら、一人で歓声を上げ、周囲から不審な目で見られてました(笑)。

 

自分の方は、今朝、東京ハーフマラソンを走ろうと思ってたんだけど、安定の寝坊をやらかしてしまう(笑)。とりあえず、起きてすぐにスポドリ、バナナ、アミノバイタル摂って、出走。シューズはライトレーサーTSで。

 

half-marathon.tokyo

 

今日はそれほど無理せずに、気の向くままのペースで走ろうと何も考えずに走り出した。最初のラップが4'44だったので、これくらいでいこうと決めた。

 

それでもラスト5キロはちょっと疲れ気味。

 

f:id:furuhon-ya:20170226120426j:image

f:id:furuhon-ya:20170226120430j:image 

 

帰宅してから、娘を連れて外出。ここひと月くらい、日曜はマラソンやら何やらで自分一人出かけることが多かったので、今日は家族サービスの日と決めていたのだ。

 

 

それはそうと、うちの家族、マラソンにはあまり興味がない。よく、ご夫婦揃って、あるいはお子さん連れて走っていらっしゃる方をみるけど、正直羨ましい!

 

 

うちの家族(実家も含めて)からよく言われる小言ベスト3は、というと

 

 

第三位 また走ってきたの?

 

(わ、悪い? 笑)

 

 

 

第二位 そんなに走ったら、身体、壊れちゃうよ・・・。

 

(壊れません 笑)

 

 

 

第一位 そんなに走って面白いの?

 

(それを言っちゃーおしまいよ・・・笑)

 

 

うちの家族のマラソンに対する理解はこんなものだ(笑)。

 

 

ま、うちの家族に限らず、マラソンをやらない人にとっては、大体そんな感じかもしれない・・・。

 

 

いつか娘と一緒にマラソンに出れたら・・・父親としてはそう思うけど

 

 

以前、エイドのスイーツ食べ放題!っていうスイーツマラソンがあるんで誘ってみたら

 

 

パパだけ走って!

 

 

スイーツ食べて待ってるから!

 

 

((((;゚Д゚)))))))

 

 

 あ、あのねぇ・・・。

 

 

 当分、出れそうにないな・・・(笑)。

神シューズ到来!

青梅終わってすぐに、買ってしまった(笑)。

 

f:id:furuhon-ya:20170225084839j:image

 f:id:furuhon-ya:20170225084849j:imagef:id:furuhon-ya:20170225084919j:image

ターサーって、タイガーレーサーの略だったのか。初めて知った(笑)。

 

 

それはともかく、店で履いた時の感覚が忘れられず

 

寝ても覚めても、頭の片隅にその感覚があるような

 

まるで初恋をした少年に戻ったかのようだった(笑)。

 

 

40代半ばのオッサンが忘れていた感覚(笑)。

 

 

ま、そんなことはおいといて、

 

 

早速試走をしてきた。

 

f:id:furuhon-ya:20170225203254j:image 

履いてみた感じでは、やっぱり、クッションがすごくあるなーと。足を入れて、歩いたときのなめらかな感覚。ソールのブツブツチップが地面を蹴る感覚と、そのカツッ、カツッ…っていう音。すごく新鮮。そして、走り出して感じる反発力。

 

走ってみて思ったのは、基本、ライトレーサーの延長かなっていう感じ。でもむしろ、ターサー5の方が、着地感、やわらかいんじゃないか?そんな気がした。これなら、フルも全然いけそうだというのが率直な感想。

 

とはいうものの、このシューズの対象はサブ3ランナー。

 

 

やっぱり、キロ4'30より速くなったときに、その本領発揮というところなんだろう。だけど、今日走った感覚では、別に4'30以上でも普通に快適だった。やっぱり軽いし。走り始めは、そのカツカツ音が気になったけど、スピードを上げるにつれて、その音は気にならなくなって、自然に足が前に出る感覚が出てくる。

 

私が行った店は、店員さんが現役バリバリのランナー(サブ3レベル?)でもあって、親身にアドバイスしてくれる。その店員さんいわく、自分くらいのタイムでも、全然OKだといわれた。むしろ今のうちからこの神シューズに慣れておくべきだとも。半分は営業トークもあるんだろうけど(笑)、それを聞いて買う気になったというのもある。

 

とりあえず、来週の千葉県民マラソンでデビューさせたい。

 

前年は距離不足もあったし、今年こそ、正真正銘のPBをこれで狙いたい!1時間35分切れるかなぁ…。

 

 

それはそうと、明日は東京ハーフマラソン!!

 

今日は飲み会だったのと、明日は早朝にしか走れないから、タイムは二の次で(笑)、とりあえず参加してみようかな!

 

marathon.hatenablog.jp

青梅マラソン レポ 後編

10~20㎞

11km~14㎞区間で、40mくらい上る。ま、でも青梅の前に館山を走ってたので、それほど気にはならなかった。

 

その辺は折り返してきたランナーとすれ違うスライド区間になっていて、自分より前を走るちみのすけさんから声を掛けられる!

 

ちらっと見ただけだったけど、すごく躍動的なフォーム!伸び盛りの速いランナーは違うなぁと思った。

 

その後、自分も折り返して

 

 

さぁ、これから下りだ!

 

 

そう調子に乗って飛ばし気味になる。スライド区間で、はてブロランナーさんを探してたけど気づけず…。 逆に、自分の方が「激沈上等!」って何回か声をかけられる。声をかけられても、うまいことリアクションができない自分が情けない…(笑)。

 

f:id:furuhon-ya:20170221183210j:image 

 

20~30km

その後、22㎞付近での上り。ここへ来て、ちょっと辛く感じたのは覚えている。

 

この辺にくると、

 

 

早く下り来いっ(笑)!

 

 

そんな身勝手な思いに頭を支配されていた(笑)。

 

 

他力本願な自分。

 

 

そして、待望の下りが来ると、安心してペースを維持するというサイクル(笑)。

 

 

しかし、青梅市街地に戻ってくると、アップダウンは終わり、さすがにキロ4'30をオーバーしてしまう…。素の自分に戻されてしまったようだ(笑)。

 

 

でも、市街地に来ると応援の人も増えてくる。そして、なんと再びびあーさんから声援が!往きで見送ってもらって帰ると聞いてたので、びっくり!

 

 

この辺にくると、さすがに目標タイムを切れるかどうかギリギリだということは分かっていた。自然と手元のガーミンに何度も目が行ってしまう。

 

 

切羽詰まった感、ハンパない(笑)

 

 

最後のコーナーを回って、ようやく見えてきた

 

 

 

ターサージール

 

 

じゃなくて、

 

 

 

フィニッシュゲート(笑)。

 

 

 

ハラハラしながら、何とかゴール!!

 

 

ガーミン、思わず、二度見した(笑)。

 

 

あぶねー(笑)。

 

 

考えてみれば、 30㎞レースは初めて。これまで30㎞はフル前の練習で2時間半くらいでしか走ったことがなかったので、一応PBということになる。

 

f:id:furuhon-ya:20170221190722j:image

 

総括

青梅で、2時間20分で走れたということは、来月の佐倉でもキロ4'45くらいのペースで行けるかな…という感触は得たかな。佐倉の目標は3時間20分にするか…。

 

一応、10kmごとのタイムを記すと

 

    ~10㎞  :  47:57 

11~20km :  46:10

21~30㎞  :  45:58

30㎞~  : 0:35

 

最後の10㎞で今一つ上げきれなかったのが、悔やまれる。

 

 

今回初めて青梅を走ったけど、やっぱり後半下り基調なんで、前半から割りと突っ込み気味にいけて、後半の下りでそれを維持しやすいように思えた。アップダウンはあるけど、下りで勢いつけて、そのまま行っちゃえみたいな、そんな感じ。そういう意味では意外と走りやすいかも。

 

 

最後に、ご一緒した皆さん、途中声掛けてくれた皆さん、そして、青梅マラソンスタッフの皆様、改めて、ありがとうございました。

 

f:id:furuhon-ya:20170222085738j:image